So-net無料ブログ作成
ちょっと役立つかも? ブログトップ

警告:消防設備士が増え続けると・・・ [ちょっと役立つかも?]

消防設備士は毎年増え続けています。

あなたは、消防設備士がこのまま増え続けるとこの先どうなってしまうのか考えたことはありますか?

消防設備士が増え続けて今の所有している資格の価値がどんどん下がり続けた時、あなたは消防設備の点検をしていますか?それとも職人として工事をしていますか?

消防法に守られ続けている会社はいつまでも今のままで存続していますか?その中で、今の収入を維持で来ている自信はありますか?

続きを読む


感知器を取り外すと軽微な工事じゃなくなるの? [ちょっと役立つかも?]

以前こんな改修工事を行いました。

3つ部屋に各1個ずつ差動式スポット型感知器が設置されている部屋の間仕切りを取り外して1つの大きな部屋に作り替える建築工事です。

でもって、天井の照明器具を移設する関係で感知器の配置換えが発生するため、感知区域面積を再検討して必要最低個数の2個に減らすことにしました。

ここで軽微な工事の範囲についておさらいです。感知器に関するとこだけ紹介します。

続きを読む


カラオケ店の警報設備 [ちょっと役立つかも?]

新店舗のカラオケ店にて

新しくカラオケ店が出店することになり改めて消防と相談することになりました。相談する内容とは、必要となる消防用設備は何でしょう?って感じ・・・

消火器、自動火災報知設備、非常放送設備、誘導灯くらいかな?特定1階段でもないしねぇ。特に難しい話ではありません。

続きを読む


屋外消火栓の呼水槽減水 [ちょっと役立つかも?]

昨日につづき呼水槽減水の原因です。今回は屋外消火栓の例ですが、
屋外消火栓の放水後よくありがちな例です。手ごたえは十分締めたつもりのバルブが実は少し開いていた。なんてこともあります。

しっかりバルブを閉じても呼水槽の水が引っ張られて減水してしまう場合は、地中埋設部分の配管に穴が開ていると考えます。

お伝えしたいポイントは、呼水槽より低い位置の配管に穴が開いていても呼水槽減水になりうる。ということです。

この場合は穴が開いている個所を特定するには消防設備士では非常に困難です。地域の水道局の配管を点検している業者さんに相談すると地中埋設配管部分の漏水箇所をある程度調査してくれます。もちろん有料で。

続きを読む


消火栓ポンプの呼水槽の役割 [ちょっと役立つかも?]

呼水槽の役割は消火ポンプのケーシング内に常時水を入れておくためです。
なぜ、ポンプのケーシングに水を入れるかって?

ポンプのケーシングに空気が入っていると消火水槽から水をくみ上げることができません。また、ちょっとだけ空気が混入していてもポンプ本来の性能が発揮できません。

この場合は締め切り運転や定格負荷運転をしてみるとわかりますし、定格負荷運転を続けていると、うまく空気が抜ける場合があります。

続きを読む


防排煙連動制御盤のきまりごと [ちょっと役立つかも?]

防火戸連動用の煙感知器の基準につづき、制御盤についても記載されていましたので紹介します。ついでに自動閉鎖装置や予備電源まで入れておきました。

言葉を変えずに引用していきます。

続きを読む


防火戸連動用の煙感知器の基準 [ちょっと役立つかも?]

わかったフリしていたけど、ちょっと難しい質問がでてきたので、調べてみました。
その質問は・・・
防火戸を連動する場合に使用している煙感知器は防火戸から、どの程度まで離してもいいか?
と、言うものです。

だいたい防火戸の近くについていれば、いいんじゃない!
と、言いたいところですし、実際の現場レベルではそんな感じですね。

消防法ではなく建築基準法になりますが、インターネットを駆使してチョイと検索してみるが、相変わらず検索キーワードが思い浮かびません。

続きを読む


うちの消火器は使えますか?と質問されたらあなたは何とこたえますか? [ちょっと役立つかも?]

うちの消火器は使えますか?と質問されたらあなたは何とこたえますか?

お客さんからよくある質問に「うちの消火器は古いけど使えますか?」と聞かれることはありませんか?

「この消火器中身出るの?」とか「使用期限はあるの?」などという質問は何度となくされることがありますね。

皆さんはどのようにお答えしていますか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

直接通報と火災通報装置の回線についてちょっと詳しく [ちょっと役立つかも?]

火災受信機と火災通報装置の連動がみとめられました。自動火災報知設備が作動して火災通報装置により119番通報する、これを直接通報といいますね。

全ての用途が適用されているわけではありませんが、今後の消防用改正でもっと幅広く直接通報が適用になっていくかもしれません。

続きを読む


ちょっと役立つかも? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。