So-net無料ブログ作成
点検方法 ブログトップ
前の10件 | -

消防ホース耐圧性能試験 [点検方法]

本音を言うとこの点検必要ですか?と、消防設備士でさえ思う点検ってありますよね。

消防ホース耐圧性能試験について考えてみました。

製造より10年以上経過したホースに水圧をかけて漏れるかどうかをチェックする点検です。40Aのホースなら15m65Aのホースなら20mもある長さのわずか両端20センチ程度に水圧をかけて5分間の漏れチェック。

私の日記に細かい規定はあまり載せませんが、このホース点検は極端な判断をしていますよね。全長20mもあるホースのうち40センチ程度しか水圧試験をいないんですから、しかも10年を経過すると20%くらいは不良になるはずなのに「そーでもない」と思うのは私だけでしょうか?

屋内消火栓の40Aビルホースの場合はホース接続口よりホース櫛にかけている折れ目の個所から漏れている割合が多いと思いますし、実際に水圧試験で「異常なし」って判定したのに放水訓練で折れ目から水漏れしたってこともありました。

屋外消火栓の65A消防ホースは屋外に設置しているせいか、40Aビルホースよりは漏水率が高いような気がしますけどやっぱり製造より10年程度では「そーでもない」と思うのです。

試験が規定された頃は統計の数値を信用していましたが、経験に勝るものもなくだんだん面倒になってきたこの水圧試験です。 涼しいとゴムの劣化が遅いのでしょうか?

仮に少し漏れたからと言って消火活動にどの程度支障が出るの?放水圧に問題が出るの?って質問されても結構苦笑いです。一応「裂けたら使えませんから・・・」って伝えています。

試験なしで10年ごとにホースを更新してくれるお客さんは本当にありがたい限りです。なんとなく罪悪感を感じながらホース更新を提案する私です。

配線点検 [点検方法]

配線点検はどのように実施していますか?


どのようにって、絶縁抵抗計(メガー)で測定ですけどね。コアなことですが、電源部くらいしか物理的にできませんよね?基盤に250Vや500Vの電圧かけるわけにいきませんし、全ての配線を端子部から離線したって端末機器が接続されていますから物理的にムリと判断しています。


重きをおいて電源部をメガーで測定していますが、基本的には電気主任技術者さんの年次点検票を参考にさせていただいています。きちんと測定してくれていることを信じて




続きを読む


消防機関へ通報する火災報知設備 [点検方法]

火災通報装置のことです。このブログを見てくれている方はほとんど専門業者の方で理解されていますよね。


ボタン一つで119番通報され119番通報後も登録さえしておけばお客様の携帯電話へ通報も出来る、操作が簡単で便利な装置です。


点検も基本的に119番通報されれば「良」ですが、都心に方に伺うと実際に119番通報試験が出来ず、火災通報装置用 簡易疑似交換機 ANTS-101(以降:簡易疑似交換機)の試験で終了ってことなんですね。結構驚きです。

続きを読む


消火器(抜取り方式) [点検方法]

消火器の抜取り方式について考えてみます。

消火器の点検といえば「所定の場所に設置されているか」が重要視されて次に「外観点検に問題はないか」か確認して、外観点検に異常があれば「消火器内部の機能確認」の順番で点検されると思います。


【粉末消火器】
製造から3年を経過した加圧式の粉末消火器及び製造年から5年を経過した蓄圧式の粉末消火器については外観に異常の有無を問わず、「消火器内部の機能確認」と「放射試験」を実施することになりますが、メーカーのパンフレットやカタログを参考にしますと、抜取り方式によって点検を行うことができる。とあります。




続きを読む


避難器具(救助袋) [点検方法]

今回は避難器具(救助袋)です。

実火災の時、消防用設備で使用事例がないといわれているのが避難器具ですね。中でも救助袋はビルオーナーさんの認識も浅く、使い方がわからない方が多いのではないでしょうか。

避難訓練等で使用することがあってもほとんどの場合、消防設備士が立ち会って使用方法を教えながら救助袋を展張することが多いため防火対象物の関係者だけで救助袋を使用した避難訓練をすることは難しいのではないでしょうか。

防火対象物の関係者が救助袋を展張できないならまだしも、消防設備に携わる方(業者)でも「あれあれ?」ってことを見かけたことありませんか?

続きを読む


漏電警報器 [点検方法]

今日は漏電警報器です。

正直、今となってはほとんど書くことはありません。鉄筋コンクリート造りや木造サイディング仕上げの構造が主流となった現在に消防法義務設置の漏電警報器はほとんど存在しないでしょう。

すっかり昔の警報機って存在ですが、現役で活躍する現場があるので軽く触れておこうと思いました。

総合点検時の漏洩試験を実施している方は実際少ないようですね。(みたきり調べ)と言うか物理的に測定不可能な場所に変流器が設置されていることが漏洩試験を実施しない原因です。
変流器の設置場所がキューピクル内部の接地線だと感電死しちゃいそうですしね。

続きを読む


共同住宅の避難ハッチ点検 [点検方法]

今回は共同住宅の避難ハッチ点検をテーマに書きます。

共同住宅の点検が好きな消防設備士さんいますか?私は共同住宅の点検を好んで行く人とお会いしたことがありません。一般の企業に訪問する以上に入居者の方から点検の重要性を理解し協力を願うことは難しいことですよね。


しかし、共同住宅のオーナー様よりご依頼を受けている以上、消防設備士は点検にお伺いするしかありません。






続きを読む


消火栓ポンプ [点検方法]

たまに技術屋さんポイことを書きます。

消火栓ポンプの締切運転や定格負荷運転の圧力数値をどのように活用していますか?

締切運転や定格負荷運転の点検の方法はわかりますが「先輩に教わった通りに実施しています。」って方が多いみたいですね。
測定した値は正常でしたか?って質問すると「???」の回答が多いような気がします。

私は定格負荷運転の良否の判定は消火ポンプの名盤に記載されている値の近似値を参考にしています。
名盤に40m 300ℓ/minとあれば流量計のコマを300ℓ/minまで上げたときにポンプの吐出圧力計を測定して0.4Mpa位ならOKとしています。

続きを読む


火災報知機の誤作動(誤報) [点検方法]

火災報知機(誤報)について書いていきます。

火災報知機の誤報っていろいろな意味で迷惑ですね。誰も喜んでくれる人はいませんし、夜間の誤報はとにかく迷惑ですね。時には消防車まで出動しちゃっておおげさな話になちゃって

点検で未然に100%防げればいいのですが、それが出来れば誰も苦労はしませんね。誤報を察知する点検項目といえば感度試験くらいでしょうか?

感度試験は法定講習では一定の効果があると言っていますが、高所に設置されている煙感知機の場合作動試験はなんとかできても、ヘッドの脱着となると物理的にムリな個所もあると思います。(私だけ?)

ベテランの消防設備士だと煙感知機の誤報になりそうな箇所ってなんとなくわかってますね。

続きを読む


誘導灯 [点検方法]

今回は誘導灯をテーマに書いていきます。

私が業界に入った頃の誘導灯の点検といえば、毎日清掃のイメージがります。濡れたウエスを片手に脚立をかついで1台1台パネルを外して外も中も清掃でした。蛍光灯が悪ければ無償で交換したりして、会社の収益など考えずただ時間をかけて丁寧に掃除でした。


価格競争が激化した今、昔のようなサービスを提供していたら採算が合わないので各企業さっと清掃くらいでしょうか?バケツを持って掃除なんかしたら大きな付加価値のなるかもしれませんが、ユーザーが求めるのは付加価値より価格なのかもしれませんね。


蛍光灯が主流の時代に非常点灯時はまめ電球が点灯する機械もありましたね。今でもたまにお目にかかりますが私が訪問する取引先からは姿を消しました。


最近ではLED機種が主流となりランプ交換の頻度がめっきり少なくなりました。誘導灯の点検もずいぶん楽になりましたね。バッテリー点検もリモコンでピッの時代ですね。(使ったことないけど)
どんどん誘導灯に手を触れることなく点検が完了してしまう世の中になりつつあります。


誘導灯を触れることなく点検することが当たり前になると、蛍光灯を交換するときにパネルの外し方がわからない人もいます。機種ごとにパネルの外し方を教わった記憶はないのですが、古い機械を触るときの注意事項を伝えるのも兼ねながらパネルの外し方を教えることもあります。


誘導灯の蛍光灯を1人で交換できない消防設備士が誕生するのもそう遠くないかもしれませんね。


そんな消防設備士が誕生する前にLED化を推奨していきます。




最後まで読んでくれてありがとうございました。


前の10件 | - 点検方法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。