So-net無料ブログ作成
検索選択

防滴ベル交換でグチグチ [ただのお話し]

スポンサードリンク




温泉ホテルにて

浴室のベルを交換しました。おわり・・・
ではありません。


ご存知の通り浴室のベルはよく壊れますね。2年から3年周期くらいでほぼ壊れます。お客さんにしてみれば毎回交換している気分でしょう。


でも、こっちの立場からしても毎回のように点検した後、ベルを交換していますからね。お風呂場の掃除中に作業をするわけですから、朝は早いし風呂場は熱いし嫌になっちゃいますね。






サウナや浴室に適したベルって登場しないものですね。どのメーカーカタログを見ても防滴ベルしかありませんから毎回同じベルを選定して取り替えてくるわけなんです。

毎回ジョイント部分を切って繋ぐのでどんどん線が短くなってジョイントしにくくなっていきますしコンクリートの下穴もビスが効かなくなってガッポガッポになっちゃって。結局、違うところに穴を開けなおしたりして手間がかかりますね。


それに、ベルの台座に使っているビスはステンレスじゃないの?こんなに錆びだらけになってええんか?まあ、外さなきゃいいですけど、ここが外れてくれたら壁に直接止めている台座を再使用してベルだけ交換したいんですけど楽はさせてくれないものです。


それにしてもまあ、ベルが外れないこと・・・ドライバーがかからないこと・・・


今回はベル交換後にビスがさびないようにビスの頭にコーキングをつけてきましたけど、製品改良の余地がありそうな気がしますね。

もっと高温多湿に適した製品が開発されないかなぁ。と毎回思うわけなのです。長寿命の製品さえ開発されれば顧客も消防用設備もメリットがありますね。


そもそも風呂場にベル必要か?サウナにベル必要か?
火災になったら自動的に温泉が冷たい水に変わってくれたら入浴中のひとも自動的に逃げるのでは・・・あっ、このシステムはない・・・独り言・・・


P.S
おおっ!すげぇ!我ながら感心!今月はサボらずに毎日記事更新をすることができました。
お陰様でブログテーマ:仕事( 72位 / 6876ブログ中)まで上昇してきました。消防用設備の記事がメインの記事でもこんなにランキングが上がるなんて予想していませんでした。


来月も頑張りますよぉ


最後まで読んでくれてありがとうございます。

お願いです。
参考になった!とちょっとでも感じましたら、SNSなどでこのブログ宣伝してください。今後のモチベーション維持につながりますので、どうか応援してください。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。