So-net無料ブログ作成
検索選択

防火管理維持台帳って整理されているのが正解? [ただのお話し]

スポンサードリンク




防火管理維持台帳に編刷する書類についてパッとお答えできますか。答えられなかったので調べてみました。

きっちり整理されている顧客のパターンってありますね。6項とか・・・ね。

そもそも、防火管理維持台帳を整理するメリットはなんでしょう。

軽微な工事が受付できる。
点検結果報告書を簡素化することができるなど、、、

他に答えが見つかりませんでした。強引に探せばメリットはありますけど、そもそも防火管理維持台帳は各防火対象物に置いてなくてはならない位置づけのものではないのでしょうか?

維持台帳がなくては軽微な工事として認められないとか、点検報告の簡素化がみとめられないとか、言ってるほうがちょっと・・・さておき


防火管理維持台帳は防火対象物に必要な図書となっていますが、どの程度整理されているものでしょうか。

防火管理維持台帳に編刷する書類とは

・防火管理者選任(解任)届出書の副本又は写し
・防火管理再講習の修了書の写しまで保存

このへんは皆さん保管されているようですね。甲種防火管理者は再講習の修了書を大切に保管されている印象を受けます。

・消防計画作成(変更)届出書の副本又は写し

記載する内容はお客さんも悩むようですが消防に手続しているものが保管されていればいいでしょう。地域の消防を訪ねると消防計画の雛形くれますし、近頃はダウンロードできるものもあるようですね。

消防計画の作成を消防設備士がお手伝いしてもお客さんのためにはならない印象です。面倒な仕事を業者に押し付ける。というと悪い言い方ですが、お客さんがしっかり認識してこそ初めて消防手続として成立するものですね。

・共同防火管理協議事項届出書の副本又は写し

該当しているお客さんは消防計画と一緒に保管していますね。

・消防用設備等または特殊消防用設備等の設置時の届出に係る書類の写し
・消防用設備等または特殊消防用設備等の設置時の検査に係る検査済証

古い建物を購入しているオーナーさんはこの書類が整っていないケースもありますね。改修した箇所から順番に保管していくしかないですね。

・消防用設備等点検結果報告書の副本又は写し(最新のもの)

せめて3年分は保管してもらいましょう。

・消防職員による立ち入り検査時の結果通知書
・消防機関への各種届出書類等

この辺りの書類はお客さんも緊張感を持って保管されている印象ですね。何年分保存しておけばいいの?とか聞かれちゃいますけど、正直わかりません。

立ち入り検査時の結果通知書に書かれている消防吏員さんに電話で尋ねてみたこともありましたけど、捨てずに取っておいてください。とちょっと困惑した様子でした。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。