So-net無料ブログ作成
検索選択

一般的な消防設備点検の報告はこんな感じ [ただのお話し]

スポンサードリンク




消防用設備点検結果報告書の消防手続はどのように運用しているか、一般的な流れをイメージしてみました。かるーく決まり事とコメントを羅列していきます。


・防火対象物の関係者は消防用設備点検結果報告書を作成し消防長または消防署長宛にその結果を報告しなくてはいけません。

とはいっても点検結果報告書を防火対象物の関係者が作成することはほぼないでしょう。消防設備士が代行して作成するのが一般的ですね。お客さんから押印もらって消防手続までして副本をお客さんへ返却するところまでが代行業務の範囲ですね。

お客さんに代わって消防へ点検結果について報告するわけですから、不良個所が記載されている場合は改善の目安時期がわかっていると消防手続もスムーズだったりします。


・点検は総合点検と機器点検それぞれ1年に1回ずつ行い特定防火対象物にあって1年に1回、非特定防火対象物にあっては3年に1回消防庁または消防署長宛に報告しなくてはいけない。

ここまでは多くの防災会社が代行して行っているサービスですね。
特定防火対象物とか非特定防火対象物とかにかかわらず、毎年1回報告している事例もたくさん聞かれます。3年に1回の手続きは都会の動きのように思えます。


つづいて点検報告書の手続きですが、
・特定防火対象物の場合1年に1回総合点検と機器点検の点検結果報告書を併せて報告すること。

・非特定防火対象物においては直近1年分の総合点検と機器点検の点検結果報告書をあわせて報告すること。

実際にこのように運用している地域はあるのでしょうか?全国数件の防災会社の業務を請け負ってもこのような指示を受けたことはありません。直近1回分(総合点検)だけ消防報告して完了しています。


・特定防火対象物で延べ面積1,000㎡を超える防火対象物については消防設備士または消防設備点検資格者に点検させなくてはいけない。

規模の大小にかかわらず防災会社が点検しているのが現状ではないでしょうか。お客さん自ら点検するところは少ないでしょう。点検道具もありませんし人手を確保するのも難しいでしょう。だから防災会社が成り立つんですね。

点検結果報告書の保存期限は・・・
・個々の点検結果報告書の保存期限は原則は3年それ以降は総括表、点検者一覧及び経過一覧表を持って足りることになっています。

実際の運用はどうなっているのでしょうね。3年間以上保存しているお客さんが多いのではないでしょうか。処分に困って相談うけることもありますが、原則にしたがって3年分ですから、6冊保管していればよいということをお伝えしています。


消防の方によっては最新の1冊あればいいよ。とか、1年分あればいいんじゃない。とか、
結局のところ継続して点検が行われていて不良個所が改善されていれば特に問題はない。
ということですね。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。