So-net無料ブログ作成

グランドパッキンから漏水 [ただのお話し]

スポンサードリンク




今回もスプリンクラーの動画です。まずはご覧ください。



きっとお客さんに状況を説明するために撮影しているのでしょう。
スプリンクラーポンプのグランド部分から激しく水漏れが発生していますね。これだけ漏れていたら締め切り運転をしても過熱しすぎることはありません。ご安心ください・・・

あ、違いますね。
修理しなくてはいけませんね。この事例は結構めずらしいのでは?と思うのはわたしだけでしょうか?

この症状はグランドパッキンを交換すると動画の症状は治りますね。1回だけ修理したことがありますよ。

機械屋さんにお願いして修理してもらいました。で、その機械屋さん結構脅かすんですよ。
軸が摩耗していたらパッキン交換しても水漏れは止められないとかって、、、

でも、普段はほとんど回ることがないスプリンクラーポンプの軸が摩耗することってあるの?そんなに細くなるもの?って疑問が生じました。

結局その時はグランドパッキンを交換して修理完了したわけですが、決して難しい作業ではありませんね。

呼水槽から水が流れないようにバルブを閉めてポンプのケーシングの水を抜いてからグランド部のナットを緩め、パッキンを引き抜く。

C型形状のグランドパッキンの継ぎ目部分を互い違いに差し込んで元通りに戻していきます。

最後に試運転をしてグランド部から漏れがないか目視で確認しました。それとグランド部の回転していない個所を指で触りながら異常に加熱していないかをチェックします。

文言だと伝わりにくいかも知れませんが、難しい作業ではなさそうです。組スパナと先のとがった千枚通しみたいなものがあれば既存のグランドパッキンは外れます。

グランドパッキンは消火ポンプを取り扱っている資材屋さんにポンプのメーカーと製造番号を伝えるだけで入手が可能でした。


しかし、動画を撮影している会社の方、すごく丁寧ですね。動画で点検報告しているのでしょう?また、お客さんが動画みてくれるんですね。こんな不具合に関心のあるお客さんを相手にしているのですからご説明も大変でしょうね。

あんまり詳しすぎるお客さんもやりづらい・・・

あ、違うのかな社員教育用の動画なのかしら?

お願いです。
参考になった!とちょっとでも感じましたら、SNSなどでこのブログ宣伝してください。今後のモチベーション維持につながりますので、どうか応援してください。



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました