So-net無料ブログ作成

スピーカ不具合と修理日記 [ただのお話し]

スポンサードリンク




スピーカの音圧低下の不具合調査は何度やっても苦戦します。といいますか、私自身がレベルアップできないのです。

不具合の症状によっていろいろなパターンがありすぎますね。スピーカ本体で配線が抜けて音が鳴らない症状だと原因の特定も簡単なのですが、そんな症状はあまりありません。

今日は既存店舗の改修工事で起きた不具合についてちょっと触れてみます。といっても、非常放送ではなく業務放送での不具合なのですが・・・


ハイインピーダンスのスピーカシステムだと業務放送も非常放送もさほど変わりはありません。

ハイインピーダンスのスピーカは簡単に並列接続ができることが特徴です。1chに無制限ではありませんので、アンプの仕様に応じた個数を接続します。感知器と違い並列でサクサクと繋いでいくのでこれが簡単便利なのですが不具合が出ると感知器以上にやっかいです。

例えば感知器だと配線が短絡すると発報になり、ベルや放送が鳴動しますが、スピーカ回線はすぐに短絡表示がでなかったり、意外とヒューズが切れなかったりします。

本日の不具合は・・・
・全く不鳴動が1か所
・アッテネーターが逆動作1か所
・なんとなく聞こえる箇所が1か所
でした。

全部同じチャンネルでの不具合なのですが、症状がバラバラです。とりあえず一番簡単そうな全く不鳴動の箇所から探ります。

BGMを鳴らしながら不鳴動箇所のスピーカを天井からはずします。するとラッキーなことにCOM線が外れていました。天井の補修の際に一度スピーカを外したようです。やっぱり慣れた人が復元しないとこんなことになるんでしょうか?

次の不具合箇所へアッテネーター逆動作を調べに行こうと思いきや、なんとなく聞こえる箇所が気になって、そちらをさきにチェックしに行きます。

天井スピーカを外すと何ともごっついジョイントが・・・

ジョイント個所を指で握るとはっきり音が聞こえるではありませんか。これもCOM線の接触不良が原因です。

N,R,C線すべて被覆を剥きなおしてスリーブを使って圧着します。ATT逆動作の箇所もこれで解決です。

今日は意外と簡単に修理できました。めでたし、めでたし。

なのですが、本当は感知器を取り付けに来たのに・・・ついでの作業がメインの一日でした。こんな日もあるある。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

防屋

始めまして、珍しくネット見てましたら,思わず目に留まり読んでしまいました。当方も、BGMアダプターなど、製作販売するくらいに放送には手を焼いております。特にデパートやホテルなどで、スピーカーの配線が、いつの間にか改装の御蔭でループしてたり(インピーダンスメーターの値を見た瞬間笑ってしまいます。)、アース落ちしてたり、図面上の個数とインピーダンスがアンマッチだったりで、呼ばれる度に泣けてきます。
これ位でしたら、涙拭きながら何とか出来ますが、ノイズが絡むと・・・
止めときましょう、お酒が不味くなります。
やっぱり経験が物を言う職業ですので、この様な情報も役に立つと思います。結構秘密主義の方が多いですが・・・
頑張ってください。木陰ながら応援致します。


by 防屋 (2015-09-28 00:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。